白井市文化センターに戻る
白井市文化センターに戻る

白井市郷土資料館

Shiroi City Historical Museum

トップページ >> 展示

展示


  • 令和2年10月15日広報しろいNo.907の「歴史のしずく」に郷土資料館で展示している土偶が紹介されました。〔2020.10.16〕

    ※期間限定で、通常より手前に土偶を展示しています。 令和3年1月上旬まで(予定)
  •  

常設展の一部展示替えをしました。〔2020.10.08〕

「生食に関連した浮世絵」
概要
 白井市は馬と縁のある地域です。昔から広大な野がつづき、多くの馬が育てられた歴史があります。
 『平家物語』の宇治川の合戦に登場する有名な馬「生食」は、今の西白井駅付近で遊んでいたという伝説が残されています。
展示史料
 「梶原影季」         歌川国芳画「名高百勇伝」 影山廣輔氏所蔵
 「佐々木高綱」        歌川国芳画「名高百勇伝」 影山廣輔氏所蔵
 「木曽征伐宇治川大合戦之図」 落合芳幾画        影山廣輔氏所蔵
展示期間:令和2年10月から12月末まで(予定)
          展示風景

常設展で展示している古文書(4点)の展示替えをしました。
           展示風景


古文書修補速報展の展示替えをしました。〔2020.09.04〕

概要
今回は、江戸時代の清戸村で起きた事件や揉め事の一部を紹介します。

展示史料
〔古文書1〕 安永二年九月 済口一札之事(状)
〔古文書2〕 天明八年五月 一礼之事(状)
〔古文書3〕 文化十四年正月廿九日 以書付願上候(状)
〔古文書4〕 文政十三年三月 乍恐以書付奉願上候(状)
〔古文書5〕 天保二年二月七日 詫一札之事(状)
※市内清戸地区の五十嵐家に伝えられたもので、現在は郷土資料館の所蔵となっています。 
  

小川瓦木作品の展示替えをしました。(2020.03.31)

「新収蔵作品展」第1回
概要
白井市出身の前衛書道家、故小川瓦木氏のご遺族から、新たに作品23点とゆかりの品を令和元年11月に寄贈いただきました。
新しく寄贈された作品とゆかりの品を順次、紹介していきます。
展示作品
紅雲
開花
無一物
福運
非文字動態
展示期間 令和2年6月初旬から12月末まで(予定)
  • 展示風景
  • 展示風景
展示風景

常設展示の一部展示替えをしました。(2020.03.31)

新収蔵資料展
展示資料
種子島式火縄銃(レプリカ)
火縄銃  芦田 精一郎氏寄贈

壷(古墳時代・土師器) 谷嶋 稔氏蔵 白井市郷土資料館保管
上人塚の模型
展示期間:令和2年6月初旬から令和3年3月末まで(予定)
  • 展示風景
展示風景

「小金原に関連した浮世絵」
概要
江戸時代中期の小金原(小金牧)は、上野牧・高田台牧・中野牧・下野牧・印西牧の5つの牧に分かれていました。明治時代になると、新政府により牧を廃止し、その土地を開墾する事業が計画され、小金牧は終焉を迎えました。
今回は、小金牧に関連した浮世絵を紹介します。
展示資料
「千代田之御表 小金原牧狩引揚ノ図」 揚州周延画 影山廣輔氏所蔵
「千代田之御表 小金原牧狩立場之図」 揚州周延画 影山廣輔氏所蔵
「千代田之御表 小金原牧狩狩ノ図」   揚州周延画 影山廣輔氏所蔵
「下総小金原」(「冨士三十六景」)     歌川広重画 影山廣輔氏所蔵
展示期間:令和2年5月中旬から9月末まで
  • 展示風景
展示風景

常設展示に土師器等を追加
新収蔵展示から常設展へ移動しました。
追加資料
甕 2点(古墳時代後期) 我妻遺跡
高坏の脚部(古墳時代) 1点 我妻遺跡
杯 2点(平安時代) 木通内遺跡
※うち墨書土器は、平成29年9月5日付で「木通内遺跡の墨書土器」の名称で白井市指定文化財に指定
  • 展示風景
展示風景

うえに
もどる