白井市文化センターに戻る
白井市文化センターに戻る

白井市文化センター プラネタリウム

トップページへ >> ウェブアクセシビリティへの対応

ウェブアクセシビリティへの対応

白井市文化センター・プラネタリウムでは、当館のホームページを利用するすべての人が心身の機能や利用環境に関係なく、提供する情報やサービスを利用できるようにするため、ウェブサイトを作成する際に準拠すべき「ウェブアクセシビリティ方針」を定めています。

ウェブアクセシビリティとは

ウェブアクセシビリティとは、「高齢者や障がい者など心身の機能に制約のある人でも、年齢的・身体的条件に関わらず、ウェブで提供されている情報にアクセスし利用できること」を意味します。

ウェブアクセシビリティへの取り組み

ウェブアクセシビリティに配慮し、誰もが同じように情報を得られるホームページを目指して、コンテンツの改善と品質向上に向けて取り組みます。

画像に対する代替テキスト記述を心がける

音声ブラウザの利用者や画像が表示できないブラウザの利用者にも画像情報が分かるようにします。

画面の色の組み合わせに注意し、十分な明度差を設ける

色覚特性のある利用者や高齢者への配慮として、背景色に対して文字が見やすくなるようにします。

フレームを使用しない

表示されているページ内に別ページを表示させる「フレーム」を使用せず、音声ブラウザや検索サイトから閲覧する利用者に対し、正確な情報を提供できるようにします。

音声ブラウザの利用者に読み上げを考慮したページ構成にする

音声ブラウザの利用者向けに、ナビゲーションの挿入や読み上げの順番に配慮します。

利用者が迷わないようにデザインの統一を図る

サイト全体のデザインの統一を図ることにより、利用者が当ホームページの中にいることを認識できるようにします。

タイトルは見ただけで内容がわかるものにする

ページタイトルを付ける際は、分かりやすい言葉を選ぶようにします。

使いやすさへの配慮

情報の探しやすさだけでなく、サイト構造や使い方の把握のしやすさなど、総合的な使いやすさ(ユーザビリティ)の向上に努めます。

アクセスのしやすさ

幅広い行政情報を、利用者の視点から分かりやすく分類する一方、検索窓を設けるなど、利用スタイルに合わせた対応を複数用意することで、目的のページへすばやくかつ適切にアクセスできるよう配慮します。

便利な機能

以前閲覧したページの一覧を表示するあしあと機能(パンくずリスト) やサイト内の主なグループへのリンク(グローバルナビゲーション) などを主要ページのヘッダ部分に配置することで、利用時の自由度を高めるようにします。

うえに
もどる